2017年09月11日

9月9日(重陽の日)、自分史講座に女子大生が!?

朝から青空が広がるさわやかな天気だった。
第二土曜日の午後は、自分史講座。
仙台の街がジョジョ展やジャズフェスや和牛の全国大会で賑わっている中、
地味めな講座になった。
いつもの受講生の顔ぶれにホッとしたその中で、
若い20代と思しき女子2人が、ニコニコしながら席に着いていた。
東北学院大学2年生で地域構想科の学生でした。
研修に「自分史講座」を見学させてほしいというのです。
「シニアの方が、活動しているNPOの講座で、自分史講座に興味を持ちました。
この見学をレポートに書いて学校に提出すれば、2単位もらえます!」
ハテ?どうなるかと、進めていくうちに、
和気あいあいとした感じで、受講生(自分史講座)の読み上げる原稿に、
感銘を受けていたようでした。
「おばあちゃんに会いたくなりました」と、2人の感想でした。
自分史講座の株が上がったかな・・・と、うれしく思いました。
いつもの受講生のやる気が上がったのも、言うまでもありません。
posted by わんからっとL編集局 at 10:58| 宮城 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。